ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

2013年

8月

24日

直島 火まつり 2013

こんにちは。マエです。

 

「直島火まつり」というのは、直島の花火大会です。

打ち上げられる花火は、数こそ多くありませんが

その分、観る人も一つ一つ逃すまいと集中して楽しみます。

何と言っても距離が近く、手が届きそうなほど。

 

芸術玉と呼ばれる花火玉は、情熱的で美しく勢いがあり我々を圧倒します。

by Mr. Daisuke Aochi
by Mr. Daisuke Aochi

私にとって、今回の火まつりは4回目。

 

 

今までで一番感動的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日から続く大雨、朝からどしゃぶり。。。。。。

ざばざばの大雨
ざばざばの大雨

実行委員の担当者の方々は、「やる!」と覚悟を決め着々と準備。

 

心のハシっこのスミっこで「本当に大丈夫だろうか。。。」と不安な気持ちが追いかけてくるけど

 

スタッフ同士、互いに声を掛け合い、 (無意識に)いつもより元気にそれぞれの準備に取り掛かる。

 

 

不安な気持ちを追い払うように、万全の準備にあたった。

 

「お願いだ!晴れてくれ!!!」心の叫び。。。悲願。

雨の中、ステージの準備
雨の中、ステージの準備

準備の段階で、一つの壁に衝突した。

 

火まつりの目玉である 安藤裕子さんを迎えるライブステージは、屋外。

このままでは、決行できない。。。。

実行委員の方が知恵をしぼり、急遽 大広間の窓を全面外し大広間全体がステージとなり、 観客がそれを外から観る形とした。

 

 

 

 

我々スタッフや、この日を楽しみにしていた人の念が通じたのか 少しずつ雨も弱まり 火まつりの開始時間が迫る。。。。。。

もう少しで始まる、、、、!
もう少しで始まる、、、、!

 降ったり止んだりが繰り返される。 「お願いだ!止んでくれ!」 火まつり開場時間がきて、始まったとたん 雨は止んだ。

 

奇跡!!!!!!! いやいや!まだまだ油断は許されない。

 

 

 

浜辺にはNPOタブララサのキャンドルが飾り並べられ、 安藤裕子さんのライブ、つつじ太鼓の演目、芸術玉の火まつりが待っている。

 

大雨に見舞われると台無しになる。

 

裏舞台は、ずっと どきどき ぴりぴりとしていて

 

そうやっている間に

 

演目が 一つ一つ順調に行われ、

 

大雨に見舞われることなく無事にフィナーレを迎えることができました。

 

 

 

感動の火まつりをありがとう!!!

波の形をイメージしたキャンドルコーディネート (今年は風に負けない!!)
波の形をイメージしたキャンドルコーディネート (今年は風に負けない!!)
王さん、林さんもアイスクリーム屋さんがんばりました!
王さん、林さんもアイスクリーム屋さんがんばりました!
安藤裕子さん
安藤裕子さん